主催事業

第16回 AAF戯曲賞

 

AAF戯曲賞は上演を前提とした戯曲賞です!

AAF戯曲賞は昨年15周年を機に『戯曲とは何か?』という原点を見つめ直しリニューアルしました。昨年度は4名の審査員が応募作全114作品を全て読み、延べ10時間に及ぶ3回の審査会での議論の末、『みちゆき』が大賞に選出されました。同作品は今年9月に愛知県芸術劇場小ホールで上演されます。
劇場が主催する「上演を前提とした戯曲賞」であるこの戯曲賞は、出会いの場です。作家と演出家・作品と観客が出会い、新しい価値観を作り出す場でありたいと願っています。
演劇の可能性に挑戦する‘戯曲とは何か?’。
皆様からのご応募を心からお待ちしています。

愛知県芸術劇場


チラシを見る(PDF/1.1MB)

▼第16回AAF戯曲賞募集要項はこちらから▼
▼第16回AAF戯曲賞審査員のプロフィール・コメントはこちらから▼

▼第15回AAF戯曲賞の審査結果等はこちらから▼
▼第15回AAF戯曲賞受賞記念公演『みちゆき』の公演ページはこちらから▼

ページトップ