あいちトリエンナーレオペラ「蝶々夫人」
イントロダクション ストーリー
見どころ・聴きどころ キャスト&スタッフ
チケット・アクセス トップページ
19世紀末の港町・長崎。アメリカ海軍の士官ピンカートンは、 結婚仲介人ゴローに紹介された15歳の芸者・蝶々さんと結婚式を挙げる。 蝶々さんは愛するピンカートンのため叔父の僧侶ボンゾに非難されるのを承知でキリスト教に改宗したが、 ピンカートンは、日本滞在中だけの軽い気持ちでしかない。 やがて、ピンカートンはアメリカに帰国し、年月が過ぎるが、それでも蝶々さんは彼が戻ってくる事を信じている。 領事シャープレスは、蝶々さんに、もしピンカートンが戻ってこなかったら、と尋ねるが、 蝶々さんはピンカートンとの間に生まれた子供を見せ、そんな事は有り得ないと言い張る。
ついに、ピンカートンの乗る船が寄港する。蝶々さんと女中のスズキは喜ぶが、ピンカートンは帰らないまま夜が明ける。 スズキが夜通し寝ていない蝶々さんを休ませたところに、ピンカートンとシャープレスが登場し、 蝶々さんの子供を渡すように説得するよう、スズキは説き伏せられる。 ピンカートンのアメリカ人の妻ケイトと対面した蝶々さんはすべてを悟り、子供を渡すことを約束する。そして、父の形見の刀で自刃する。


The setting is Nagasaki, a port town in Japan in the late 19th century. A US Naval officer, Pinkerton, marries Cio-Cio san, an 15-year-old Geisha without taking it seriously. After for a while, Pinkerton goes back to the US and time goes by. Cio-Cio san waits for his return with her strong belief which bewilders the American Consul Sharpless.
Finally Pinkerton’s ship arrives in the harbor. Cio-Cio san and her maid Suzuki jump for joy and wait for him staying up all night, however, Pinkerton does not show up. At the moment Suzuki succeeds in persuading Cio-Cio san to take a rest, Pinkerton and Sharpless visit their home and propose Suzuki to convince Cio-Cio san to give up the child to Pinkerton’s wife. When Cio-Cio san sees an American lady standing in the garden in their sweet home, Cio-Cio san learns everything and agrees to give up her child. Then she kills herself with the short sword left by her father.


現在の長崎港をグラバー園から望む
Copyright(c) AICHI ARTS FOUNDATION. All rights reserved. 許可無く転載を禁じます。