あいちトリエンナーレオペラ「蝶々夫人」
イントロダクション ストーリー
キャスト&スタッフ
チケット・アクセス トップページ
「蝶々夫人」の魅力は、観るものすべてを引き込み、感情移入せずには居られない悲劇的なストーリーと、随所に散りばめられた日本旋律が、プッチーニの巧みな技で見事にイタリアオペラと融合された美しい音楽にあります。 まさに、イタリアと日本の文化が交錯して生まれた稀な存在なのです。
悲劇のヒロインである蝶々さん役には、華麗な舞台姿と優れた音楽性で次世代を担うディーヴァの呼び声高い 安藤赴美子 が挑みます。“ソプラノ殺し”とも言われる難役をどのように歌い演じ切るのか注目です。 そして、その蝶々さんが一途に愛するピンカートン役に、プッチーニを得意とするイタリア人テノール カルロ・バッリチェッリ、ドラマの重要な鍵を握るシャープレス役に、イタリアの正統派バリトンとして今最も期待されている ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ と2人の外国人。 その他のソリストもスズキ役の 田村由貴絵 、ゴロー役の 晴雅彦 など、日本トップクラスの実力派揃いです。
指揮には、カルロ・モンタナーロ を招きます。2009年1月の新国立劇場「蝶々夫人」でも絶賛を博したマエストロが、プッチーニの音楽を余すところなく聴かせてくれるでしょう。演出には建築出身の新進気鋭である 田尾下哲 を抜擢。 空間を意識したスタイリッシュな舞台を繰り広げます。
オペラの国、イタリアが思い描いた日本の美しさ。是非、世界に誇る本格的なオペラ劇場でご覧ください。


MADAMA BUTTERFLY is a Puccini’s masterpiece and the best known opera in the world and Japan. Beautiful sound of orchestra and unforgettable melody of Cio-Cio san’s aria “Un bel di, vedremo...” draws the audiences to the world of late 19th century’s Nagasaki, Japan.
The tragic heroin, Cio-Cio san, so called “a soprano killer role”, will be sung by Fumiko Ando who is gifted the graceful appearance on the stage and the music sense. Experienced two singers will be invited from Italy: Carlo Barricelli for the role of Pinkerton, a vagabond navy officer, and Gabriele Viviani for Sharpless, the generous American Consul. Yukie Tamura for Suzuki, and Masahiko Hare for Goro and other roles are casted by Japanese leading singers.
This production will lead by the Italian conductor Carlo Montanaro whose energetic performance of MADAMA BUTTERFLY at New National Theater, Tokyo in January 2009 was highly reputed. The rising stage director Tetsu Taoshita will be expected to show the new stylish stage utilizing his knowledge of mastered architecture.
We hope everybody enjoys the beauty of Italian opera music united with Japanese culture.


 Giacomo Puccini (1858-1924)
Copyright(c) AICHI ARTS FOUNDATION. All rights reserved. 許可無く転載を禁じます。