管弦楽:名古屋フィルハーモニー交響楽団

 1966年7月10日創立。翌年10月第1回定期演奏会を開催。73年4月名古屋市の出捐により財団法人となる。2008年4月、スイス人ティエリー・フィッシャーが常任指揮者に就任、斬新なプログラミングが全国的な注目を集めている。ほかに現在の指揮者は小林研一郎(桂冠指揮者)、モーシェ・アツモン(名誉指揮者)、ボブ佐久間(ポップスオーケストラ・ミュージックディレクター)。歴代の指揮者は、岩城宏之(音楽総監督1971~74年)、福村芳一(常任指揮者1971~74年)、森正(音楽総監督1974~80年)、荒谷俊治(常任指揮者1974~80年)、外山雄三(音楽総監督兼常任指揮者1981~87年)、モーシェ・アツモン(常任指揮者1987~93年)、飯守泰次郎(常任指揮者1993~98年)、小林研一郎(音楽監督1998~2003年)、沼尻竜典(常任指揮者2003~06年)。95年〈名フィル・ポップスオーケストラ〉を発足させ、ユニークな活動を展開。1988年ヨーロッパ2カ国ツアー、2000年アジア8カ国ツアー、04年「プラハの春」国際音楽祭への出演を含むヨーロッパ3カ国ツアー、06年アジア7カ国ツアーを実施し、いずれも大成功を収める。