オランピア:幸田浩子(こうだ ひろこ/ソプラノ)

 大阪府出身。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院、及びオペラ研修所修了。文化庁派遣芸術家在外研修員としてボローニャで、また五島記念文化財団からの派遣によりウィーンで研鑽を積む。
 数々の国際コンクールで上位入賞し、イタリアでの研修後直ちにヨーロッパの主要歌劇場へ次々とデビュー。カターニア・ベッリーニ劇場『清教徒』エルヴィーラ、シュトゥットガルト州立劇場『皇帝ティトの慈悲』セルヴィーリア、ヴェルディ劇場『羊飼いの王様』エリーザ、ローマ歌劇場『ホフマン物語』オランピア等に出演し、オペラの本場で豊富な経験を積む。2000年名門ウィーン・フォルクスオーパーと契約。2年間の専属期間中には『後宮よりの逃走』ブロンデ、『ファルスタッフ』ナンネッタ、『ペンザンスの海賊』メイベル等でベルント・ヴァイクル、ギネス・ジョーンズ他と共演。専属を離れてからも『魔笛』夜の女王等で客演。
 国内でも早くから注目を集め、02年二期会/新国共催公演『ナクソス島のアリアドネ』ツェルビネッタ、03年二期会『ばらの騎士』ゾフィーで聴衆の絶大なる支持を得、同年新国立劇場『ホフマン物語』オランピアでその人気を不動のものとした。以後もハンブルク州立歌劇場と東京二期会の共同制作、ペーター・コンヴィチュニー演出『皇帝ティトの慈悲』セルヴィーリア、新国立劇場『ドン・カルロ』、同劇場『チェネレントラ』等で際立つ存在感を示し、最近でも『ばらの騎士』、『ナクソス島のアリアドネ』等当たり役の演目でも更なる成長ぶりを印象付けた。
 メディアへの登場も多く、NHK特集番組「世界遺産~青きドナウの旅」にてヨーロッパ各地からのテレビ生出演が反響を呼んだのをはじめ、リサイタルの模様がNHKにてたびたび放送されている。また2009年からはNHK-FM「気ままにクラシック」で笑福亭笑瓶氏とともにパーソナリティを務めるなど、多彩な活動を展開。
 第14回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。第20回エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。二期会会員。