ミューズ/ニクラウス:加賀ひとみ(かが ひとみ/メゾ・ソプラノ)

 東京藝術大学卒業。同大学大学院修士課程オペラ専攻修了。ズボン役からカルメンまで幅広く活躍するメゾ・ソプラノの新鋭。
 これまでオペラでは、新国立劇場『ヘンゼルとグレーテル』ヘンゼル、『カルメン』タイトルロール、『フィガロの結婚』ケルビーノ、『コジ・ファン・トゥッテ』ドラベッラ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』サントゥッツァ、ローラ、『椿姫』フローラ、『友人フリッツ』ベッペ、『アドリアーナ・ルクヴルール』ダンジュヴィル、『マノン・レスコー』声楽家などに出演。また、日生劇場『カプレーティ家とモンテッキ家』ロメオ役では、その透明感のある歌唱と、殺陣をこなしながらの安定したステージングで好評を博した。コンサートでは、「第九」やモーツァルト「レクイエム」、シューマン「ゲーテの詩によるファウストからの情景」などで東京フィルハーモニー、新日本フィルハーモニー、群響と共演。また、作曲家・古庄奈穂子氏の編曲による童謡などの親しみやすいリサイタルを各地で開催。昨年は、V・プレミアリーグ・女子バレーボール・ファイナルラウンド優勝決定戦セレモニー(さいたまスーパーアリーナ)にて、北京五輪体操日本代表壮行会にて、国歌の独唱を務めた。
 聖徳大学大学院、共立女子大学非常勤講師。日本声楽アカデミー会員。二期会会員。