.

愛知県美術館所蔵作品選

岸田劉生 KISHIDA Rysei
1891-1929

高須光治君之肖像
Portrait of Mitsuji Takasu
1915年 油彩、麻布 45.5×38.0cm
1915 Oil on canvas

東京に生まれる。父は明治の先覚者岸田吟香。白馬会葵橋洋画研究所で黒田清輝に師事して外光描写を学び、1910年文展初入選。明治末年、雑誌『白樺』が紹介した後期印象派に傾倒し武者小路実篤ら白樺同人と親交を結んだ。1912年、ヒュウザン会を結成、ゴッホやマティスの影響の色濃い作品を発表したが、翌年の同会解散後は次第に写実へと関心を移し、北欧ルネサンス風の細密描写による独自の写実様式を確立した。1915年草土社を創立し1922年の第9回展まで意欲作を発表した。1917年第4回二科展出品の《初夏の小路》で二科賞を受賞、翌年娘をモデルとした麗子像の連作が始まった。1919年ころから東洋画への関心を示し、関東大震災後移住した京都時代にその傾向は一層強まった。満州旅行の帰途、山口県徳山で急逝。
この肖像画は、劉生のいう「クラシックの感化」の最初期の作例で、第1回草土社展(「現代の美術社主催美術展覧会」)に出品された。モデルの高須光治は豊橋出身の洋画家で草土社同人。中村星湖の紹介で劉生に師事し、椿貞雄とともに代々木時代の劉生とよく行を共にした。同時期の作品に《画家の妻》(大原美術館蔵)がある。劉生自身はこの期の作品を「物の見方が、クラシックの感化をうけ過ぎてゐて」とやや否定的に捉えているが、《古屋君の肖像》(1916)など劉生中期の肖像画の代表作にみられる単なる写実を超えた宗教的神秘感やデモーニシュなものの萌芽がこの作品にも窺える。高須光治の肖像は、この作品の他に、《切通しの写生》と前後して描かれた2点の油彩画がある。(K.M.)


.