.

愛知県美術館所蔵作品選

黒田清輝 KURODA Seiki
1866-1924

暖き日
A Sunny Day
1897年 油彩、麻布 50.2×61.0cm
1897 Oil on canvas

鹿児島県に生まれる。後に子爵となる伯父清綱の養嗣子となって1872年上京し、1884年法律を学ぶためフランスヘ旅立った。ラファエル・コランに入門後アカデミー・コラロッシに学び、周囲の勧めもあり絵画への専念を決意した。1893年の帰国前までに《読書》《朝妝》がフランスのサロンに入選。帰国後1894年久米桂一郎とともに画塾天真道場を開設し、翌々年白馬会を結成した。また同年、新たに西洋画科が設置された東京美術学校で教鞭をとるようになった。1900年から絵画教授法の研究のためフランスに1年間滞在し、パリ万博に出品した《智・感・情》が銀賞受賞。1907年文部省展覧会開催に当たって審査員に任命され、1910年には洋画ではじめて帝室技芸員に任ぜられた。1920年貴族院議員当選、1922年帝国美術院長就任。東京で没。
帰国直後の黒田は、抽象的な観念を人体像で可視化する〈構想画〉移入の試みと、対象のもつ固有色に縛られず大振りなタッチで大胆に色彩分割を強力に押し進める外光派的試みという、伝統的アカデミズムの中心的思想と印象派以降の最新の美術の動向を自ら範を示して根づかせようとした。《暖き日》は、西洋の伝統的な描法を信奉する旧派と黒田らのもたらした画風の新派との間で論争の起きていた時期に描かれたもので、明治の新しい世代は明るくすがすがしい新派の世界を支持することになる。名所絵に見られたようなある種の文学的な概念形象を踏まえた視覚を脱却し、「先ずその景色を見て起こる感じを書く」というある種の心理性を重視する新派の自由な視覚で陽光溢れる閑村の情景が描かれている。(H.Ma.)


.