.

愛知県美術館所蔵作品選

村上華岳 MURAKAMI Kagaku
1888-1939
魔障之図
Demon
1923年 紙本線画 85.9×42.7cm
1923 Carbon ink on paper
大阪市に生まれた。本名武田震一。京都市美術工芸学校、京都市立絵画専門学校で学び、1906年の第5回文展に《二月乃頃》を出品し褒状を受けた。また1916年の第10回文展では《阿弥陀》で特選となった。1918年には土田麦僊、小野竹喬たちと国画創作協会(国展)を創立。同展に《裸婦図》に代表されるような西洋の絵画表現を取り入れた作品や、東洋画の素描の可能性を追求した作品などを発表し、大正から昭和初期にかけて日本画に新局面を開いた重要な画家の一人として活躍した。やがて彼は、喘息に悩まされるようになり、1927年からは神戸に隠棲してほとんど画壇との接触を絶ち、孤独な生活の中で自らが求める内なる理想世界を風景や仏像などのモティーフに託した精神性の強い独自の作風を確立した。
「製作は密室の祈り」と語る作者は、自己の内面に深く沈潜し、折々の精神状態を反映した作品を残していった。それは必ずしも〈祈り〉という言葉から連想されるような平穏な内容のものばかりではなく、時にその対極にある不安や苦悩を強く表出したものがみられる。彼の残した作品群は近代人としての自我意識の軌跡ともいうことができる。「魔障」とは仏道修業を邪魔するものという意味の言葉で、ここでは自身の造形を求めて苦悩し動揺する精神状態を、速筆のかすれた線で描いた魔障の姿に託して表出しているようである。このような表現の作品は他にほとんどなく、彼の制作を知るうえで貴重であるばかりか、近代の日本画家が残した線描による表現としても注目すべきものである。(M.M.)


.