.

愛知県美術館所蔵作品選

速水御舟 HAYAMI Gyosh
1894-1935

西郊小景
View of Western Suburb of Tokyo
1923年 紙本着色 44.5×39.7cm
1923 Color on paper

東京浅草茅町の生まれ。初めの名は蒔田栄一。松本楓湖の安雅堂画塾に入門後、新鋭作家の研究団体紅児会に加わった。その後《萌芽》が原三渓の所有となったことが縁で原家から援助を受けるようになった。1914年から母方の速水姓を名乗り号を御舟に改め、同年再興日本美術院展に出品するとともに若手作家を中心に結成された赤曜会に加わった。今村紫紅の急逝後の1917年から結婚を機に東京に戻る1921年までは京都に滞在し、細密描写を追求した。その間上京中の1918年市電にひかれて左足を失った。1926年初個展を開催し、1929年写実と装飾を総合した代表作《名樹散椿》を第16回院展に出品。1930年ローマで開催の日本美術展覧会のため渡欧し、西欧各地を巡歴した。腸チフスのため東京で死去。
御舟は1923年3月から12月まで門弟の高橋周桑とともに武蔵野野火止(のびどめ)の平林寺という禅寺に仮寓して研鑽を積み参禅修養に努めた。そこでの精神ぶりは僧侶より厳しい程であったといわれ、翌年の第11回院展に出品された本作品を含む9点はこのときの修練より生まれたものである。ここに描かれているのは目黒から望む東京の西の郊外風景であることが指摘されている。御舟は吉田弥一郎四女彌(いよ)子との結婚後、目黒の吉田本邸に住まうようになっており、野火止からの帰宅時にスケッチが描かれ平林寺の画室で描かれたものであろう。京都時代には対象に食らいつくように肉薄して細密描写が追求されたのに対して、武蔵野では写実を基調としながらも新しい方向が模索された。大気の湿気や降り注ぐ光の表現にも気が配られ、洋館がちらほら姿を見せる郊外の情景がソフトなトーンで描かれている。(H.Ma.)


.