.

愛知県美術館所蔵作品選

竹内栖鳳 TAKEUCHI Seih
1864-1942

狐狸図
Foxes and Raccoon Dog
1908年頃 絹本墨画淡彩 166.5×373.0cm(×2)
c.1908 Color and carbon ink on silk
(財)豊島福祉基金、豊島(株)、豊島紡績(株)からの寄附金により購入

京都市に生まれる。幼い頃から絵に憧れ17歳より四条派の画家幸野楳嶺の門に入った。ここでは四条派の伝統的な技術と感覚を磨くだけでなく、雪舟、大雅など他派の古画を研究し頭角を表した。またフェノロサの講演にも啓発され勉強を重ねた。1900年ヨーロッパに遊学して西洋美術の消化にも努め、近代性と個性を持つ新時代の日本画家として指導的立場に立った。帰国後はコローなどに啓発されたセピア調の写生的作風を見せ、1907年には文展の開設と同職時に審査員となって、清新な自然主義的作風で大家の地位を確立。その後京都絵画専門学校教授、帝室技芸員となって、横山大観と共に第1回文化勲章を受章。また京都画幻の指導者として土田麦僊、上村松園などの俊秀を育てた。湯河原で没。
「東の大観、西の栖鳳」と並び称された栖鳳であったが、大観をはじめとする当時の院展が、歴史画などにいわゆる理想主義的な作風を求めようとしたのに対し、栖鳳は旧来の写生派の流れに西洋の写実的態度を取り入れようとした。この作品も四条派を出発点としながら新境地を開拓してきた栖鳳の持ち味がよく表された作品で、戯れる二匹の狐と歩み出る狸は写実を基礎に生き物の特徴を鋭く捉えた表現であり、大づかみに表現された背景との対比は画面構成の〈巧まさ〉を見せるものとなっている。栖鳳自身の言うところの「東西画法の精神は、写意を重じる」ものとして写生の重要性と共に「写生写生と謂ふて自然の皮相ばかり追い廻わらないでも案外別に自然の急所を突き留める」ことに成功した例である。(S.T.)


.