.

愛知県美術館所蔵作品選

橋本雅邦 HASHIMOTO Gah
1835-1908

秋景山水図
Autumn Landscape
1887年頃 紙本墨画淡彩 60.8×124.8cm
c.1887 Color and carbon ink on paper

江戸木挽町(現銀座5丁目)に生まれる。1846年木挽町狩野当主晴川院養信に入門した。同年養信が病没したため勝川院雅信門下となり、後に狩野芳崖、狩野勝玉、木村立嶽とともに勝川門下の四天王と称され、1860年には独立を許された。幕末からの絵画不振の中で貧困を窮め、1871年に兵部省に製図掛として勤務している。その後、1884年にフェノロサを中心に結成された鑑画会の活動に関わり、芳崖らとともにわが国の伝統絵画に依拠する新しい絵画創造の動きに加わった。1884年から東京美術学校に勤めたが、1898年東京美術学校事件に際し依願免職となった。同年日本美術院創立にあたり、主幹となって院の運営、指導に力を尽くした。東京で没。
ボストン美術館旧蔵ビゲロー・コレクションの1点で、昭和初期に里帰りしたもの。ビゲローは、明治前半にフェノロサとともに日本各地を回り、持ち前の財力で日本の古美術品を大量に買い集め、後にボストン美術館へ寄贈した人物として知られている。この作品は、雅邦の画業の中でも最も実験精神に富み、完成度も高い鑑画会時代(1884-1889)のもの。雪舟らを模範とした伝統復興運動は、同時に西洋絵画を意識したもので、漢画の表現法を表現の基盤に置きつつ奥行きある三次元的な空間の表現がどの程度まで可能かが試みられている。東洋的な雲烟表現を用い、前景から後景へと色の濃度を空気遠近法的に徐々に落とし、山の重なり合いの中で空間の広がりが捉えられている。(H.Ma.)


.