.

愛知県美術館所蔵作品選

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー Ernst Ludwig KIRCHNER
1880-1938

グラスのある静物
Still Life with Glasses
(Stillebn mit Glsern)
1912年 油彩、麻布 100.0×74.0cm
1912 Oil on canvas

ドイツ、アシャッフェンブルクに生まれる。ドレスデンの工科大学で建築科に在籍しながらも絵画芸術に傾倒し、1905年同地において学友ヘッケルらとともに芸術家集団〈ブリュッケ〉を結成した。ゴッホやムンク、或いはまたアフリカの原始美術からの感化を受けながら、フォーヴ期のマテイスに一脈通じる初期様式が始まった。そして、11年のベルリン移住前後を境にして、鮮烈な色彩と大胆な形態の単純化をもった彼独特の表現形式が熟成されてゆく。第一次世界大戦で神経を病み、17年以後はスイスのダヴォースに隠棲。20年代に入るとキュビスム的抽象表現に通ずる様式で旺盛に制作を続けた。しかし、台頭著しいナチスによって頽廃芸術家と目されたがために強烈な精神的打撃を被った彼は、ダヴォース近郊の小村フラオエンキルヒェにて自らの手でその生に終止符を打った。
プリミティブな彫像を想わせる果物鉢は、キルヒナーが造った木彫作品である。後景に見える裸体像もまた、彼自身が作った椅子の背もたれこ描写されたものであろう。舞台は当時キルヒナーがベルリンに構えていたアトリエであり、彼が調度品から装飾品にいたるまで自作の物ともに囲まれて生活し、制作に勤んださまを如何に髣髴とさせることか。部分的に見おろす視点から描く重層的な画面構成には、セザンヌからの影響がみられる。また、赤と縁、青と黄といった色の対置や、たとえばグラスに附された陰影などには、彼独自の色彩感覚や鋭角的に俊敏な筆さばきが芽ばえている。のちに個人蒐集家のもとからナチスの手に落ちたこの作品は、37年の〈頽廃芸術展〉に陳列され、その壁には「病的精神が自然をこのように観だ」と書かれていた。台頭してきたファシズムの嵐と、当時の前衛的な芸術との対時局面を如実に物語る重要な一枚である。(R.T.)


.