第16回AAF戯曲賞受賞記念公演『それからの街』

主催事業一覧へ戻る 印刷用のページを開く

「Theatre Meeting『それからの街』を語ろう」中止のお知らせ(2017/10/22)
本日18:00の回終演後に予定していました「Theatre Meeting『それからの街』を語ろう」は、台風21号の影響により中止とさせていただきます。
※公演は予定どおり開催いたします。

当日券のお知らせ(2017/10/20)
10:00より地下2階プレイガイド、開演60分前より小ホール入口にて販売いたします。
※23日(月)は地下2階プレイガイド定休日のため、小ホール入口のみでの販売となります。

第16回AAF戯曲賞受賞記念公演『それからの街』

第16回AAF戯曲賞で大賞を受賞した額田大志による『それからの街』を
この秋、愛知県芸術劇場プロデュース公演として上演します。

戯曲を読む(PDF/1.96MB)
第16回AAF戯曲賞 募集・審査結果のページはこちら

(PDF/2.5MB)
公演日時 2017年10月21日(土) 19:30 ★
2017年10月22日(日) 14:00 ★(トークゲスト:佐々木敦) / 18:00 ◎※
2017年10月23日(月) 19:00 ◎
(開場時間は各公演15分前)
★アフタートーク ◎プレトーク ※終演後シアターミーティングあり

10月21日(土)高校生限定で公開ゲネプロを予定しています。 詳細はこちら

会 場 愛知県芸術劇場小ホール
スタッフ・出演者 作:額田大志
演出:鳴海康平(第七劇場)
振付:福留麻里
ドラマトゥルク:長島確
出演:中林舞、南波圭(なんばしすたーず/青年団)、茂手木桜子、山内庸平
チケット料金 全席自由・整理番号付 一般 3,000円 U25 1,000円

※U25は、公演日に25歳以下の方が対象です(要証明書)。
※3歳以下入場不可。
※託児サービスあり(有料・要予約)。

チケット取扱

★チケット発売 2017年7月7日(金) 10:00~

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス  チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

愛知芸術文化センター内プレイガイド
TEL 052-972-0430

10:00~19:00(土日祝休は18:00まで)/月曜定休・祝休日の場合、翌平日

チケットぴあ [Pコード:459-420]
http://pia.jp/
チケットぴあ店頭 セブン-イレブン サークルKサンクス
TEL 0570-02-9999

託児サービス
(要予約)
開場から終演時までトットメイトによる託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:10月14日(土)
申込・問合せ:トットメイト
TEL 0120-01-6069(受付時間9:00~17:00)
主 催 愛知県芸術劇場
助 成 平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
スタッフ


©荻原楽太郎

作:額田大志(ヌトミック/東京塩麹) 1992年東京都出身。東京藝術大学在学中より、人力ミニマルミュージック楽団『東京塩麹』を主宰。同じく在学時に舞台作品に傾倒し、演劇作品の作・演出を手掛ける。2016年より、舞台芸術団体『ヌトミック』を主宰。生のパフォーマンスであることを軸として、音楽と演劇の境界をシームレスに移行しながら活動中。

演出:鳴海康平(「第七劇場」代表、演出家) 1979年生まれ。早稲田大学在籍中の99年、劇団を設立。これまで国内20都市、海外4ヶ国6 都市(韓国・ドイツ・フランス・台湾)で作品を上演。2004年ロシア、08年香港にて研修。12年から1年間、ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスに滞在。14年、三重県津市に拠点を移し、新劇場を開設。


©松本和幸

振付:福留麻里(ダンサー、振付家) 1979年東京都生まれ。2001年、新鋪美佳と共に身長155cm ダンスデュオ「ほうほう堂」を結成。あいちトリエンナーレ2013にて委嘱作品『ほうほう堂@おつかい』を発表。2014年、本格的にソロ活動を開始。日常的な仕草にもとづく微妙なニュアンスの動きや、何度も繰り返せる単純な動きなど、何気ないものことの中にある、そこにしかない面白味や凄みを見つめ、探り出しながら踊っている。

ドラマトゥルク:長島確(ドラマトゥルク、翻訳家) 1969年生まれ。日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、さまざまな演出家・振付家の作品に参加。戯曲(古典から新作まで)と上演(演出・演技)のせめぎ合いのなかで、一緒にいろいろ考えるパートナー。上演台本の翻訳にベケット、サラ・ケイン、ヨン・フォッセ、シェイクスピア、イプセンなど。近年はアートプロジェクトにも積極的に関わる。

出演者


©福井馨

中林舞 幼少よりクラシックバレエを習う。'04小指値(現:快快-FAIFAI)を旗揚。'12退団迄ほぼ全作品に出演。また、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、河原雅彦、福原充則、糸井幸之介、谷賢一、中屋敷法仁、山本卓卓、田上豊、等、多くの演出家の作品にも出演している。同時に、多くのアイドルや演劇の振付師の顔も持つ。

南波圭 桐朋学園演劇科卒業後、NINAGAWA COMPANY'に入り、俳優としてスタート。蜷川幸雄、平田オリザなどの演出作品やチェルフィッチュ等に出演。また、実の妹の南波早と姉妹演劇ユニット「なんばしすたーず」の結成や、劇場や学校等で演劇ワークショップの進行役(NPO法人演劇百貨店メンバー)など、その活動は多岐に渡る。

茂手木桜子 1980年名古屋生まれ。名古屋小劇場での俳優活動を経て、2006年よりニナガワスタジオに所属。以後、蜷川幸雄演出作品を中心に出演。現在は、さいたまネクストシアターに所属。主な出演作に、演劇『warter wich ~漂 流 姉 妹 都市~』(第4回AAF戯曲賞受賞記念作)、『血は立ったまま眠っている』・『わたしを離さないで』(蜷川幸雄演出)、映画『十三人の刺客』など。

山内庸平 1983年生まれ。劇団あおきりみかんを経てフリーへ。現在名古屋にて、児童劇や人形劇等で活動。近年の出演作、AAF「パブリック・イメージ・リミテッド」作→萩原雄太、演出→平塚直隆。東海市プロデュース「時のおくりもの」作→わかぎゑふ、演出→佐藤美晴。劇団うりんこ「ドン・キホーテ」脚本演出→山崎清介など。

トークゲスト

10月22日(日)14:00の回アフタートーク

プロフィール

佐々木敦(ささき あつし) 1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。ゲンロン批評再生塾主任講師。文学、音楽、演劇、映画ほか、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。『ゴダール原論』『例外小説論』『未知との遭遇【完全版】』『「4分33秒」論』『あなたは今、この文章を読んでいる。』『シチュエーションズ』『批評時空間』『即興の解体/懐胎』など著書多数。近刊は『筒井康隆入門』『新しい小説のために』

                

‘Theatre Meeting『それからの街』を語ろう’

公演を観終わった後『面白かった』『こう思った』『ここが分からなかった』などの気持ちを誰かに伝えたり、聞いてみたいと思ったことはありませんか? 10月22日(日)18時公演終了後、舞台の感想を観客同士で気軽に話せる会を開催します。思ったこと、感じたこと、他の人に聞いてみたいこと…色々な切り口で気軽にお話しましょう。ワールドカフェの手法を使うので初めての方同士でも気軽に話せます。

日 時 10月22日(日) 19:30頃~ <台風21号の影響により中止とさせていただきます>
会 場 愛知県芸術劇場小ホール ホワイエ
参加料金 無料
定 員 20名程度(予約優先)
申込方法 【件名】シアターミーティング
【本文】①お名前 ②ご連絡先(電話番号等)
 をご記入のうえ、メールまたはFAXのいずれかにて、お申し込みください。
【宛先】
 メール:ws6@aaf.or.jp
 FAX:052-971-5541
備 考 他の回を観劇した方も参加可(半券提示をお願いします)

高校生 ゲネプロ招待

普段、舞台芸術に触れる機会の少ない若い世代の方に是非舞台に親しんでいただきたく、ゲネプロ(本番同様の最終リハーサル)にご招待します。
ゲネプロ終了後には、長島確(ドラマトゥルク)との質疑応答を行います。

公演日時 2017年10月21日(土)14:00開演(13:45開場)
上演時間80分程度を予定。
公演終了後、長島確(ドラマトゥルク)が参加者の皆さまからのご質問にもお答えします。
会 場 愛知県芸術劇場小ホール
定 員 先着100名、引率の先生を含む
申込方法 申込書に参加者氏名、代表者、ご連絡先を記入し、
メール ws5@aaf.or.jp または FAX 052-971-5541
にお送りください。
申込書ダウンロード(PDF/282KB)
4

本公演の関連動画をご覧いただけます。

主催事業一覧へ戻る