愛知芸文フェス エドガー・クラップ オルガンスペシャルコンサート

主催事業一覧へ戻る 印刷用のページを開く

当日券販売のお知らせ(2016/10/19)
10:00より 地下2階プレイガイド、18:15より コンサートホール入口にて販売いたします。

チャレンジシートの販売について(2016/10/13)
「チャレンジシート(1,000円)」の販売が決定しました。
販売枚数:50枚程度
座席:3階席後方
※公演当日10:00から愛知芸術文化センター内プレイガイド窓口にて販売(予約不可)。
※おひとりにつき、4枚まで購入可能。

愛知芸文フェス

エドガー・クラップ オルガンスペシャルコンサート

オルガン界の巨匠、21年ぶりに愛知へ待望の再登場!

オルガンの本場ドイツ・ベルリンのカール・シュッケ社による日本最大級のオルガンを、音楽の父・バッハにちなんだプログラムを携え豪華絢爛に奏でます。
国内ではめったに聴けないエドガー・クラップによるオルガン公演をお見逃しなく!

(PDF/1.91MB)
公演日時 2016年10月20日(木) 19:00開演(18:30開場)
会 場 愛知県芸術劇場コンサートホール
出演者 エドガー・クラップ(オルガン)
曲 目 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ニ長調 BWV532
J.S.バッハ:トリオ・ソナタ 第5 番 ハ長調 BWV529
J.S.バッハ:パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582
L. ボエルマン:ゴシック組曲 op.25
L. ヴィエルヌ:月の光 op.53/5
M. レーガー:バッハ(B-A-C-H)の名による幻想曲とフーガ op.46
チケット料金

全席指定
S席 3,000円 A席 2,000円 学生(S・A)席 1,500円
車椅子席 2,000円
チャレンジシート 1,000円

※学生料金は25歳以下対象(要証明書)
※未就学児の入場はご遠慮ください(託児サービスあり/有料・要予約)
※団体割引(10名以上)および車椅子席は、劇場事務局(TEL 052-971-5609)でお取り扱いします。

チャレンジシートについて
公演当日10:00~愛知芸術文化センター内プレイガイド窓口にて販売(予約不可・購入枚数制限あり)。
詳細は公演1週間前までにウェブサイト、SNSで発表します。
なお、舞台の一部が見切れる場合があります。

愛知県芸術劇場オルガンカレイドスコープ
“THE バッハ”
今年度下半期に開催するオルガン公演(下記3公演)のセット券を販売します。

バッハセット(オルガン3公演セット券)<50セット限定販売>
 2016年10月20日(木)「エドガー・クラップ オルガンスペシャルコンサート」
 2016年12月23日(金・祝)「クリスマスはオルガンだ!2016」
 2017年3月30日(木)「スプリング オルガンコンサート」)

全席指定
一般 5,000円 学生 2,500円

(PDF/1.61MB)
チケット取扱

★チケット発売 2016年7月30日(土) 10:00~

愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス  チケット購入

愛知県芸術劇場メンバーズへの登録が必要です。詳細はこちら

愛知芸術文化センター内プレイガイド
TEL 052-972-0430

10:00~19:00(土日祝は18:00まで)/月曜定休・祝休日の場合、翌平日

チケットぴあ [Pコード:303-422]
http://pia.jp/
チケットぴあ店頭 セブン-イレブン サークルKサンクス
TEL 0570-02-9999

アイ・チケット
http://clanago.com/i-ticket
TEL 0570-00-5310

※購入方法によりチケット代金のほかに手数料が必要になる場合があります。

託児サービス
(要予約)
開場から終演時までトットメイトによる託児サービスを実施します。
対象:満1歳以上の未就学児
料金:1名につき1,000円(税込)
申込締切:10月17日(月)
申込・問合せ:トットメイト
TEL 0120-01-6069(受付時間9:00~17:00)
主 催 愛知県芸術劇場
後 援 名古屋日独協会
                
プロフィール


エドガー・クラップ(オルガン) 1947年、バンベルク生まれ。ドイツ・ミュンヘンでフランツ・ レールンドルファーに、フランス・パリでマリー=クレール・アラン に師事。71年、ミュンヘン国際音楽コンクール・オルガン部門で 優勝。彼の技巧や音楽的センスは高く評価され、ヨーロッパは もとよりアメリカや日本でも精力的に演奏活動を展開している。 また歴史的な楽器で演奏したラジオやテレビでの収録物や 彼のレコードはバロック以前から現代に至るまでレパートリーは 幅広く、特にJ.S.バッハのオルガン楽曲において精通している。
これまでにラファエル・クーベリック、コリン・デイヴィス、 ウラディーミル・フェドセーエフ、ロリン・マゼール、クリストフ・ エッシェンバッハ、ホルスト・シュタイン、エリアフ・インバルらの 指揮でオーケストラと共演。
後進の指導も積極的に行っており、74~93年、フランクフルト 音楽大学で名オルガニストであるヘルムート・ヴァルヒャの後任に 抜擢され教授に就任。82~91年、ザルツブルク・モーツァルテウム 音楽大学の客員教授を歴任した。93~2012年、ミュンヘン音楽 大学でも教授を務めた。
83年、これまでの演奏及び教育的活動に対してフランクフルト 音楽賞を授与される。ライプツィヒ新バッハ協会、バイエルン芸術 アカデミー会員。
1997年、札幌コンサートホールKitaraに設置されたアルフレッド・ ケルン社のパイプオルガンのお披露目公演を行った。

出演者



エドガー・クラップからのメッセージ

オルガン愛好家のみなさん、

21年ぶりに愛知芸術劇場のホールを訪れ、すばらしいシュッケ社製のオルガンで、J.S.バッハの作品と2人のフランスの作曲家、ボエールマンとヴィエルヌの作品を演奏することを非常にうれしく思います。そして演奏会の最後は、21年前と同じく、M.レーガーの「バッハの名による幻想曲とフーガ」で締めくくります。レーガーは、ちょうど100年前の1916年5月11日、ライプツィヒで亡くなりました。たいへんバッハを崇拝していて、「バッハは、すべての音楽の始まりであり、終わりである。」と語っていますので、私も今回のプログラムの前半でバッハへの敬意を表したいと思います。

ドイツから心を込めて エドガー・クラップ
(訳:小林英之)

Liebe Orgelfreunde,

mit groser Freude komme ich nach 21 Jahren wieder in die Geijitsu Gekijo Hall, um an der hervorragenden Schuke-Orgel Werke von Johann Sebastian Bach und den beiden franzosischen Komponisten Leon Boellmann und Louis Vierne zu spielen. Den Abschluss meines Konzertes bildet - wie vor 21 Jahren - die beruhmte Fantasie und Fuge uber den Namen B-A-C-H von Max Reger, der vor 100 Jahren am 11. Mai 1916 in Leipzig gestorben ist. Er war ein groser Bach-Verehrer und hat einmal gesagt: "BACH ist Anfang und Ende aller Musik". Deshalb ist mein Programm im ersten Teil auch eine Hommage an Johann Sebastian Bach.

Mit herzlichen Grusen aus Deutschland

エドガー・クラップ

4

本公演の関連動画をご覧いただけます。

主催事業一覧へ戻る