愛知県芸術劇場ファミリー・プログラム オペラ『魔笛』をつくろう!

主催事業一覧へ戻る 印刷用のページを開く

愛知県芸術劇場ファミリー・プログラム
こんにゃく座によるワークショップ

オペラ『魔笛』をつくろう!

日本全国・海外を舞台に活動するオペラシアターこんにゃく座によるワークショップが愛知県芸術劇場初登場!
モーツァルト作曲のオペラ『魔笛』をもとにした小学生向けワークショップ。
音楽と演劇、小道具制作を体験しよう!
こんにゃく座と1つの場面を上演するよ。
2日目の最後には、家族向けの発表会もあるよ!

(PDF/1.97MB)
公演日時 2016年7月23日(土) 13:00~16:00
2016年7月24日(日) 13:00~17:00
※2日間通しでご参加ください。
会 場 愛知県芸術劇場大リハーサル室
参加費 1,000円(保険、材料費込)
※7/23の受付時にお支払いください。
対 象 小学4~6年生(定員30名)
講 師

梅村博美 (オペラシアターこんにゃく座・歌役者)長野県出身。1985年、オペラシアターこんにゃく座入座。以来、日本語による創作オペラの公演活動に参加、制作にも携わる。主な出演作品は、『森は生きている』のむすめ。『魔法の笛』のタミーノ、パミーナ、他多数。「こんにゃく体操」も含めて自分のからだと声に出会うためのワークショップ、レッスン等も行う。

●講師よりひとこと:
オペラを知らなくても、歌うことが苦手でも、人前で話すのが苦手でもこわくない!
夏休み、一緒に魔法の笛の世界を探検しに行こう!!


オペラシアターこんにゃく座とは・・・
日本語がはっきりわかるオペラを創作上演するオペラ劇団として1971年に創立。マイクをとおさない歌声、ピアノ、様々な楽器の生演奏による作品を数多く上演。歌役者の歌い語り演じる力によって、劇場に限らず、体育館その他様々な会場を一日だけのオペラハウスに変えていきます。

応募方法

1.氏名(ふりがな)
2.学年
3.性別
4.応募した理由
5.参加証送付先の宛名(保護者)、続柄、郵便番号、住所、緊急連絡先(ワークショップ中に連絡のつく電話番号)

以上の1~5を明記の上、以下にメール、郵送のいずれかでお申し込み

〒461-8525
名古屋市東区東桜1-13-2
愛知県芸術劇場「オペラワークショップ」係
申込用メール ws3@aaf.or.jp 

・応募多数の場合は抽選となります。定員に満たない場合は申込締切日を延長します。
・抽選の結果を開催日の1週間前までに送付します。(当選された方へは参加証をお送りします。)
・お預かりした個人情報は本事業の目的で使用するほか、今後の愛知県芸術劇場主催事業のご案内を送付させていただく場合がございます。
・傷害保険に加入します。
・ワークショップは保護者の方の見学はできませんが、発表会をご覧いただけます。(詳細は結果送付時にご案内します。)
・ワークショップ時、劇場広報用の撮影が入ります。(発表会の撮影はできません。)

応募締切 2016年7月5日(火)必着《募集は終了しました》
主 催 愛知県芸術劇場
後 援 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、愛知県私学協会、愛知県幼稚園連盟、愛知県保育園連盟
助 成 平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
                
スタッフ

出演者

タイトル

テキスト

リスト
項目1
項目2

テキストが入ります(上部マージン40px)

注釈が入ります(下部マージン80px)

4

本公演の関連動画をご覧いただけます。

主催事業一覧へ戻る