事業報告書表紙
年間スケジュール
.

2日目後半のセッション
特集公演

若手邦楽家の挑戦

目 次
イベントーク Part 8
「春の祭典」概要
展示、トーク、公演

文化情報センター
ゼミナール
総論、美術、映像
音楽、舞踊

伊藤キム ダンス
ワークショップ&トーク

ダンス公演&ワークショップ

現代音楽家
F・ハウザー講演会

現代音楽家
T・ライリー講演会

フォーラム・イベント

特集公演
若手邦楽家の挑戦

連続講座
邦楽再発見

パゾリーニ映画祭

オリジナル映像作品
「ボディドロップアスファルト」

アートフィルムフェス




 
.

2日目後半のセッション


楽器の個性を表現する
2000年2月29日(火) 愛知県芸術劇場小ホール
 八木美知依(箏)+佐藤允彦(ピアノ)+箏アンサンブル
 田中悠美子(太棹三味線)+野村誠(鍵盤ハーモニカ)+片岡祐介(木琴、パーカッション)
 一噌幸弘(能管、篠笛)+吉野弘志(ベース)

人間の個性が表現する
2000年3月1日(水) 愛知県芸術劇場小ホール
 「微妙」(木津茂理(唄、太鼓)、フェイ・ジェンロン(大三弦、中国箏)、ホン・チェドン(カヤグム))
 一噌幸弘(能管、篠笛)、田中悠美子(太棹三味線)、八木美知依(箏)、片岡祐介
 (木琴、パーカッション)


 愛知県文化情報センターでは、開館以来"民族音楽や現代音楽を紹介する"という基軸に沿って音楽事業を行っているが、一つのテーマに沿って公演・レクチャー・ワークショップ等を組み合わせ、多様な現在の音楽を紹介する催しが「特集公演」である。今回は、日本の伝統音楽を受け継ぎながら新しい可能性を模索する若い邦楽家たちの試みを取り上げ公演「若手邦楽家の挑戦」を行うとともに、邦楽について連続講座「邦楽再発見」を開催した。
 日本の伝統音楽については、昭和になって音楽大学の邦楽科や国立劇場養成課の設立、NHK邦楽技能者育成会の開催などにより、いわゆる家元制度以外でも学ぶ場が整備されてきた。同時に、西洋音楽の手法が用いられた現代曲も伝統曲と平行する形で積極的に取り上げられるようになった。
そして1980年代末から90年代には、こうした場で研鑽を積む一方で個人的にジャンルの異なる音楽家と交流を重ね、新しい可能性を見い出そうとする若い演奏者たちの動向が目立つようになっている。彼らの演奏には、楽器独自の音色や伝統的な奏法を活かしつつも、新しい共演者を得ることによって、自分の音を表現しようとする強い欲求と情熱が感じられる。今回の公演「若手邦楽家の挑戦」では、このような、いわば伝統に対し自らの個性で挑戦する3人の音楽家、箏の八木美知依、三味線の田中悠美子、能管の一噌幸弘に焦点を当てた。そして、2日目に登場した民謡の木津茂理も含め、日本の伝統音楽をベースに出演者がこの公演のためにオリジナルに創り出す現在の音楽が聴けるプログラムを構成した。


八木美知依(箏)+佐藤允彦(ピアノ)+箏アンサンブル

一噌幸弘(能管、篠笛)+吉野弘志(ベース)

 1日目(2/29)は、八木、田中、一噌がそれぞれに共演者を得て演奏を行った。八木美知依は、絃の振動と共鳴による箏の発音に着目し、ピアノの佐藤允彦とともに、箏とピアノの絃の共鳴を活かした作品を演奏した。田中悠美子は、義太夫節に基づく曲を、野村誠、片岡祐介と一緒に、鍵盤ハーモニカ、木琴、鉄琴、打楽器と合わせて演奏することで、情のこもった語りと野太い太棹の音を活かしながら、古典曲を新しい音楽に作り変えようと試みた。一噌幸弘は、音域や音色など様々な点で能管などの笛と対照的なコントラバスの吉野弘志とのデュオにより、笛の特徴が堪能できる作品を演奏した。  2日目(3/1)は、前半に、民謡の木津茂理に中国のフェイ・ジェンロン(大三弦ほか)、韓国のホン・チェドン(カヤグム)が加わったグループ「微妙」が、国境を越えた伝統音楽の今日を表現すべく、各国の民謡をアレンジした作品を演奏した。後半は、1日目に登場した八木、田中、一噌、片岡に、「微妙」のメンバーが加わり、出演者それぞれがこの日のために作曲した曲など、デュオから全員によるセッションまで、様々な演奏を繰り広げた。
 2日とも2時間半に及ぶ公演で、多様な今日の音楽の状況とその中で試行錯誤を重ねる若い演奏家のエネルギーをそのまま表した、聞き応えのある公演だった。 (藤井明子) 


田中悠美子(太棹三味線)+野村誠(鍵盤ハーモニカ)+
片岡祐介(木琴、パーカッション)


 「微妙」(木津茂理(唄、太鼓)、フェイ・ジェンロン(大三弦、中国箏)、ホン・チェドン(カヤグム))

企画制作協力:澤井宏始(システマ)
写真撮影:南部辰雄