愛知芸術文化センター

文字サイズ
サイト検索

サイトマップ

  • ENGLISH
  • CHINESE
  • KOREAN
  • PORTUGUESE
愛知芸術文化センター > 愛知県文化情報センター > 自主企画事業報告書> 2012年度年間スケジュールと入場参加数

アーカイブ

2012年度年間スケジュールと入場参加数

複合

文化情報センターゼミナール「はじめてアート講座2012」

様々な芸術の分野の入門講座として、現代音楽・ダンス・映像・オペラ・現代陶芸・美術の講座6回(無料)を芸術文化センターの学芸員等を講師に開催した。
 6/1(金) 「実験映画から映像アートへ」
 6/22(金) 「1枚の伊万里焼から世界がみえる!知っておもしろい、やきものの見方」
 6/29(金) 「現代音楽入門-作曲家ジョン・ケージを中心に」
 7/6(金) 「祝!20周年記念オペラ『ランメルモールのルチア』を楽しむ」
 7/13(金) 「コンテンポラリーダンス超入門~NoismとBATIKを中心に~」
 7/20(金) 「愛知県美術館なう」 

 日 時 2012.6.1(金)-7.20(金)
 会 場 アートスペースA
 人 数 482人

文化情報センターゼミナールはじめてアート講座2012

ダンスワークショップ&ショーイング

現代舞踊の体験型ワークショップを開催した。
講師: 今津雅晴、北村明子

 日 時 2012.10.18(木)-20(土)
 会 場 大リハーサル室
 人 数 206人

舞台芸術家のための音楽セミナー

舞台芸術家が舞台作品を創造するために知っておきたい「音楽」について学ぶ合宿形式のセミナーを開催した。
講師:港大尋(作曲家)、ゲストミュージシャン:田中紫織(マリンバ)

 日 時 2013.2.14(木)-17(日)
 会 場 大リハーサル室
 人 数 24人

舞台芸術家のための音楽セミナー

音楽

第6回AACサウンドパフォーマンス道場プロジェクト

平成18年から開催している若手アーティスト育成プログラム。若手アーティストから企画案を募集し、4組の入選作品に対し、プレゼンテーションを通じてブラッシュアップさせ、小ホールでの上演する機会を与えた。

 日 時

プレゼンテーション第1回 2012.8.25(土)

プレゼンテーション第2回 2012.9.12(水)

本公演 2012.10.6(土)

 会 場 小ホール ほか
 人 数

プレゼンテーション第1回 28人

プレゼンテーション第2回 19人

本公演 137人

計184人

第6回AACサウンドパフォーマンス道場プロジェクト演

舞踊・音楽

パフォーミングアーツ・ウェーブ

ダンスやパフォーミングアーツの多様な魅力を紹介するため、公演及びショーイングイベントを連続的に開催した。

  1. Noism1見世物小屋シリーズ第3弾 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』
    演出・振付:金森穣
    出演・テキスト:Noism1、小尻健太
    音楽:utp_(alva/noto+ryuichi sakamoto)
    衣装:堂本教子
    ※Noism1バレエ/レパートリーワークショップ
    講師:青木枝美、真下恵

    ※愛知芸術文化センターと彩の国さいたま芸術劇場、SPAC-静岡県舞台芸術センター、金沢21世紀美術館、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館による共同製作
  2. 劇場共同製作ダンス公演 BATIK新作『おたる鳥をよぶ準備』
    構成・演出・振付:黒田育世 
    出演:BATIK
    音楽・絵:松本じろ

    ※愛知芸術文化センターと伊丹市立演劇ホール、(財)静岡県舞台芸術センターによる共同製作
  3. 『One(X) Cage→Today』公演
    チェロ:多井智紀、バイオリン:辺見康孝、ピアノ:渋谷慶一郎、ボイス:salyu、不確定楽器:飴屋法水、コンピュータ:evala、ダンス:アレッシオ・シルベストリン

    ※連続講座「ケージを知る」(愛知県立芸術大学との共催)
    講師:久留智之、山本裕之、中川賢一
  4. 県民参加型公演 『金の文化祭in AICHI~Golden Anniversary』
    演出:杉原邦生
    出演:愛知を拠点に活動を行う若手アーティストなど、一般公募によって集まった12歳~72歳の男女32名。
 日 時
  1. 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』
    2012.10.12(金)、13(土)
    Noism1バレエ/レパートリーワークショップ
    2012.10.14(日)
  2. 『おたる鳥をよぶ準備』
    2012.10.31(水)、11.1(木)
  3. 『One(X) Cage→Today』公演
    2012.9.26(水)
    連続講座「ケージを知る」
    2012.11.17(土)、12.9(日)、2013.1.12(土)
  4. 『金の文化祭in AICHI~Golden Anniversary』
    2012.11.3(土)、4(日)[4公演]
 会 場
  1. 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』
    小ホール
    Noism1バレエ/レパートリーワークショップ
    大リハーサル室
  2. 『おたる鳥をよぶ準備』
    小ホール
  3. 『One(X) Cage→Today』公演
    小ホール
    連続講座「ケージを知る」
    中リハーサル室
  4. 『金の文化祭in AICHI~Golden Anniversary』
    小ホール
 人 数
  1. 『Nameless Voice~水の庭、砂の家』
    379人
    Noism1バレエ/レパートリーワークショップ
    50人
  2. 『おたる鳥をよぶ準備』
    304人
  3. 『One(X) Cage→Today』公演
    236人
    連続講座「ケージを知る」
    150人
  4. 『金の文化祭in AICHI~Golden Anniversary』
    557人

計1,676人

Noism1見世物小屋シリーズ第3弾『Nameless Voice~水の庭、砂の家』

BATIK新作『おたる鳥をよぶ準備』

『金の文化祭in AICHI~Golden Anniversary』

キッズ・プログラム

夏休みに、子供も大人も楽しめるカナダの劇団の公演、バックステージツアーやワークショップを開催し、未来を担う子供たちが芸術に親しめる機会を提供した。

  1. コンフェティ劇団『チックタックの秘密のとびら』
    ※高知県立美術館、金沢21世紀美術館、神奈川芸術劇場との共同招聘
  2. あべあか音キッズ・ダンスワークショップ

  3. 親子で劇場探検(3コース)
 日 時

『チックタックの秘密のとびら』 2012.8.8(水)、9(木)[4公演]

あべあか音キッズ・ダンスワークショップ 2012.8.10(金)

親子で劇場探検(3コース) 2012.8.14(火)

会 場

『チックタックの秘密のとびら』 小ホール

あべあか音キッズ・ダンスワークショップ 大リハーサル室

親子で劇場探検(3コース) 大ホール、コンサートホール

 人 数

『チックタックの秘密のとびら』 360人

あべあか音キッズ・ダンスワークショップ 25人

親子で劇場探検(3コース) 274人

計659人

キッズ・プログラム

関連

アートマネジメント講座

芸術文化の「創り手」と「受け手」をつなぐ視点を持った「つなぎ手」(アートマネージャー)の人材育成を目的として、県民参加型公演『金の文化祭in AICHI』において、広報、制作等の実習を行った。
また、地元の3つの芸術系大学からインターンシップの受入れを行った(9月21日~9月27日・6人)ほか、一般大学等からもインターンシップを受け入れた(8月6日~10日・7人)。

  1. アートマネジメント実践実習 [25回]
    講師:山口佳子ほか
  2. インターンシップの受入れ
 日 時

アートマネジメント実践実習
2012.8.21(火)-11.27(火)

インターンシップの受入れ
2012.8.6(月)-10日(金)、9.21(金)-27(木)

 会 場 小ホール、大リハーサル室 ほか
 人 数

アートマネジメント実践実習 8人

インターンシップの受入れ 13人

計21人

映像

「ビデオ・アートから映像アートへ~愛知県文化情報センター所蔵作品を中心に~」

文化情報センターが所蔵するビデオ・アート作品を中心に、今日、映像アートと呼ばれるジャンルへの道程を照らし出した。

 日 時 2012.6.8(金)-10(日)、19(火)-21(木)
 会 場 アートスペースA
 人 数 292人

第17回 アートフィルム・フェスティバル

映像表現の新たな可能性を切り開く作品を、横断的な視点で取り上げる特集上映会。平成23年度制作の、愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品第21弾「Case Study」(監督:森弘治)の初公開などを行った。

 日 時 2012.12.4(火)-9(日)、11(火)-16(日)
会 場 アートスペースA
 人 数 401人

第17回 アートフィルム・フェスティバル

オリジナル映像作品第22弾制作 森弘治監督『Case Study』

開館時より一貫して「身体」を主題とし、国際的にも評価されているオリジナル映像作品の第21弾『Case Study』(監督:森弘治)を制作した。

 日 時 通年

広報・啓発

フレッシュコンサート

若手の演奏者を公募して、クラシックを中心としたミニ・コンサートを行った。

 日 時
 (人数)
4/25 竪琴&オカリナ&歌(160人)
5/23 歌&ピアノ(160人)
6/27 金管四重奏(210人)
7/25 ピアノ&サクソフォン(150人)
8/22 歌&ピアノ(170人)
9/26 津軽三味線(170人)
10/24 歌&ピアノ(150人)
11/28 弦楽四重奏(190人)
12/19 ピアノ&ヴァイオリン(170人)
1/23 歌&ピアノ(180人)
2/27 クラリネット(150人)
3/27 フルート&ピアノ&パーカッション(200人)
 会 場 2FフォーラムⅠ
 人 数 計2,060人

フレッシュコンサート

キーワードで聴くドビュッシーのピアノの名曲

ドビュッシー生誕150周年を記念し、ドビュッシーのピアノの名曲の魅力を解説した。
講師:中村ゆかり、ピアノ:金澤みなつ

 日 時 2011.7.21(木)
 会 場 ビデオルーム
 人 数 36人

共催

愛知芸大芸術講座

愛知県立芸術大学との共催で、音楽及び美術の芸術講座を開催した。(4講座)

 日 時 2012.4-6
 会 場 中リハーサル室
 人 数 232人

花開くコリア・アニメーション2012

シネマコリア、韓国インディペンデント・アニメーション協会との共催により、韓国のアート・アニメーション作品を上映した。

 日 時 2012.5.12(土)、13(日)
 会 場 アートスペースEF
 人 数 213人

花開くコリア・アニメーション2012

イメージフォーラム・フェスティバル2012

イメージフォーラムとの共催で、実験映画、ビデオ・アートの最新作、話題作を集めた映像アートの祭典を実施した。

 日 時 2012.6.13(水)-17(日)
 会 場 アートスペースA
 人 数 458人

アート・アニメーション・フェスティバル2011

第33回ぴあフィルムフェスティバルin名古屋

イメージフォーラムとの共催で、実験映画、ビデオ・アートの最新作、話題作を集めた映像アートの祭典を実施した。

 日 時 2012.6.30(土)-7.4(日)
 会 場 アートスペースA
 人 数 372人

アート・アニメーション・フェスティバル2011

キッズ日本舞踊の魅力

愛知芸術文化協会との共催で、西川まさ子と西川舞踊団の子どもたちが日本舞踊の魅力を披露した。

 日 時 2012.8.14(火)
 会 場 2FフォーラムⅠ
 人 数 100人

オアシス21開業10周年 愛知芸術文化センター開館20周年  愛知芸術文化協会設立20周年記念イベント

栄公園振興株式会社、愛知芸術文化協会との共催で、コンテンポラリーダンス、インド舞踊、フラメンコなどのパフォーマンスを実施した。

 日 時 2012.10.3(水)、9日(火)、10(水)、17(水)
 会 場 オアシス21銀河の広場
 人 数 800人

オアシス21開業10周年 愛知芸術文化センター開館20周年 愛知芸術文化協会設立20周年記念イベント

ダンス・フィルム・フェスティバル2012

文化情報センター企画によるダンス公演に合わせ、アリアンス・フランセーズ愛知フランス協会との共催で、フランス大使館所蔵のダンス映像作品を上映した。

 日 時 2012.10.16(火)-20(土)
 会 場 アートスペースA
 人 数 148人

愛知芸術文化センター開館20周年 愛知芸術文化協会設立20周年 記念イベント

愛知芸術文化協会との共催で、ダンス、邦楽、クラシック音楽など様々なジャンルのパフォーマンスを行い、20周年を祝った。

 日 時 2012.10.27(土)
 会 場 2階フォーラムⅠ
 人 数 200人

愛知芸術文化センター開館20周年 愛知芸術文化協会設立20周年 記念イベント『Ai』

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2012

インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル実行委員会との共催で、学生が制作した、近年の優れたアニメーション作品の上映とトークイベントを行った。

 日 時 2012.12.22(土)
 会 場 アートスペースA
 人 数 73人

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2012

新春邦楽コンサート&和楽器体験

「伝統の音と舞」実行委員会との共催で、長唄及び篠笛による邦楽コンサートを実施した。また、笛と鼓の体験コーナーを設けた。

 日 時 2013.1.12(土)
 会 場 地下2階フォーラムⅡ、アートプラザビデオルーム
 人 数 200人

新春邦楽コンサート&和楽器体験

ページトップ