パフォーミング・アーツ・ガーデン2012


 パフォーミング・アーツ・ガーデン2012


日    時  
2012年1月7日(土) 13:30開場 14:00 開演
会    場 
愛知県芸術劇場 小ホール
料    金

入場無料(要整理券)  ※全席自由
*当日12:30より入場整理券を小ホール前にて配布します。
出 演 者

archaic light body×exit (アルカイックライトボディイグジット)
ARPON (アーポン)
Water Drops Contemporary Dance Company
演劇ユニット ,5 (テンゴ)
D-connection(至学館大学創作ダンス部)
Teckey Nickey(中京大学ダンス部)
太めパフォーマンス
フ透明少年
三輪亜希子
吉田琢己

ゲスト出演
C/Ompany(大植真太郎、柳本雅寛、平原慎太郎、工藤聡)


lllll 当日プログラム lllll
各部門の開始時間は予定ですのでご来場の目安にしてください。
  ※ 万が一満席の場合はお待ちいただく事がございます。
  ※ 各部の作品間の退場は、他のお客様の鑑賞の妨げとなる可能性がございますので、入退場は休憩時間中にお願いいたします。

  1部 (14:00〜)
  1.Teckey Nickey (中京大学ダンス部) 「 哀しみを聞く樹 」
  2.D-connection (至学館大学創作ダンス部) 「 BEAT IT−心の声 」
  3.archaiclightbody×【exit】 「 抱きしめあうと眠りづらいOriginal&another 」
  4.太めパフォーマンス 「 太めパフォーマンスの酒池肉林 」
休  憩 (15分間)
  2部 (15:30頃〜)
  5.フ透明少年×渡邊春菜 「 静かな人形 」
  6.ARPON 「 Chaos of paradise 」
  7.演劇ユニット,5 (てんご) 「 ミカミ 」
  8.吉田琢己 「 tok i【時】 」
休  憩 (15分間)
  3部 (17:00頃〜)
  9.三輪亜希子 「 マトルの約束 」
  10.Water Drops Contemporary Dance Company 「 昼から呑む 」
  11.ゲスト C/Ompany



パフォーミング・アーツ・ガーデンとは?
あいちトリエンナーレ2010のプレイベントとして始まった、ショーイングイベントです。 今回で3回目になります。
トリエンナーレが行われてから、愛知では現在も様々な舞台公演が行われ、創る側も、観る側も、今までより質の向上がなされてきています。
特にこのイベントは、当初から「愛知で活動している若手パフォーマー」を募集し作品を上演してきました。多くの人にパフォーマーを知っていただく機会として、またジャンルを超えた交流からパフォーマーそれぞれのレベルアップを目指す機会として、若手の人材育成の場を目的としています。
さらに、催しの制作側…チラシのデザイン、舞台制作、広報活動も、アートマネジメント実践講座の受講生や若手デザイナーが参加しています。パフォーマーだけではなく、舞台を成り立たせるための人材も同時に育成していく事業となっています。

  →
パフォーミング・アーツ・ガーデン
   パフォーミング・アーツ・ガーデン2011

1日で多数のアーティストが出演します
1日で10組のアーティストと1組のゲストが、公演を行います。
一般公募者により選ばれた10組は、それぞれが個性的なスタイルでパフォーマンスを行います。ダンスだけではなく、音楽・映像と身体表現のコラボレーションなど、様々なジャンルのアーティストの作品を一度に観られる、他にはないボリュームの公演です。
また、前回同様、1組のゲストをお迎えします。今回は、海外で活躍していた男性のダンスカンパニー、C/Ompanyをお招きします。

出演者は地域に根ざしたアーティストです
3回目となる今回も、今までと同様、愛知を拠点に活動しているアーティストを公募し、選出しています。 また、今まで舞台設定はこちら側で用意したものを使ってもらい公演を行ってきましたが、3回目の新しい試みとして、アーティストに舞台制作も参加して頂き、愛知のパフォーマーたちの「作品づくり」のレベルアップを目指します。 そのため、選考基準を前回よりシビアに設定しました。選ばれたアーティストたちの新しい取り組みにご期待ください。

企画・制作にも若い人材を採用しています
公演の企画・制作も、前回と同じく、愛知県文化情報センターと、アートマネジメント実践講座の受講生が中心に行います。
今回は新しく、チラシデザインも愛知の若手デザイナーにお願いしています。
アーティストに活躍する場を提供する側も、いまや若い人材が必要不可欠となっています。
また、このイベントによってアーティストと制作側につながりを作り、今後も愛知で公演などを活発に行えるようにすることも目的のひとつとなっています。
制作側のリアルタイムな情報は、こちらからご覧いただけます。

    ↓ 出演者の詳細な情報等はこちらをご覧ください。

   →
アートマネジメント実践講座受講生製作 公演詳細 WEBサイト
    Twitter
    facebook





ゲストアーティスト・プロフィール


photo by Matron     
C/Ompany(大植真太郎、柳本雅寛、平原慎太郎、工藤聡)
新作「

11月某  制作ノートより

1:ダンスなんだから踊ればいいさ。でも踊りの中に隠れちゃだめよ。
2:ダンサーは踊る、いや、出来れば動いてたらダンスにそれが見えてきた。
3:アフタートークをするよりも作品の中で説明または素顔を見せる。但しそれが作品の意図するところと共鳴すべし。

三つ戒言を出発地点として、新作「 」の制作過程の一部を皆さんの前で試します。
「百聞一見にしかず」ともいい、「一見したところ何某」ともいい、「一見で全てはわからない」と頭を抱え込んでいます。


大植真太郎 Shintaro Oue
1992年より渡欧し、ハンブルク・バレエ団、ネザーランド・ダンス・シアター、クルベリー・バレエを経て現在フリー。スウェーデン国立オペラ、クルベリー・バレエ、Noism06等に振付。ダンサー・振付家として国境を超えて活躍している。

柳本雅寛 Masahiro Yanagimoto
クラシックバレエを厳格な訓練で定評の師に学び、1996年に神戸洋舞コンクール・シニアの部第2位受賞。1998年ドイツに渡る。2002年オランダに拠点を移し、SCAPINO BALLET ROTTERDAMに入団。2004年にはGALILI DANCEで活躍し、西欧を中心に世界各地で踊る。2006年に帰国し、現在フリーとして活動。

平原慎太郎 Shintaro Hirahara
地元小樽にて上野亜希子の元クラシックバレエを始める。10代後半でHIP HOPと出会いそのままのめり込み、後にコンテンポラリーダンスに興味を持ち20代前半を研鑽に注ぐ。04年から07年までNoismに所属、その後フリーランスに。海外公演にも多数参加。


工藤聡 Satoshi Kudo
ダンサー、振付家。 1967 年生まれ、名古屋市出身。18 歳で上京、千葉真一主催のジャパンアクションクラブに 17 期生として入団。また、ジャズダンスを宮崎渥巳、バレエを溝下司郎、モダンダンスを小池幸子に師事。ニョーヨーク留学 6 年の後、現在はスウェーデンに在住 14 年目。 2002年から自分のカンパニーを立ち上げ、振付、公演を行っている。また2006年よりシディ・ラルビ・シェルカウイのダンサー兼アシスタントとしても活動している。大植真太郎とは2007年からコラボレーション、公演活動を共にしている。





 パフォーミング・アーツ・ガーデン2012 アフタートーク
  『パフォーミング・アーツ・ガーデン2012 〜あの公演どうだった?〜』



1月7日(土)に行われたパフォーミング・アーツ・ガーデン2012の アフタートークを開催します。
出演アーティストのほか、本公演を制作した愛知芸術文化センターのアートマネジメント講座受講生も参加して、アーティスト・観客・制作スタッフの3つの視点から語り合います。
今回の公演に限らず、 「アーティストの話を聞きたい!」 「舞台の裏側はどうなっているの?」など、公演をご覧になれなかった方も、 どうぞお気軽にご参加ください。
 
 
■主催:愛知芸術文化センター企画事業実行委員会
■共催:Arts Audience Tables ロプロプ
■運営:2011年度アートマネジメント実践講座受講生、Arts Audience Tables ロプロプ
■協力:はち

 
日    時  
2012年1月25日(水) 19:00 開演
会    場 
アートスペースE・F  ※会場がアートラボあいちから変更になりました
料   金&
申込方法
入場無料(要申込・定員25名) 
指定のURLよりお申し込みください ※受付終了しました
出  演
アーティスト
太めパフォーマンス(鉄田えみ、乗松薫) 、archaiclightbody×【exit】(服部哲郎、杉山絵里、堀江善弘、中西あい)、演劇ユニット,5(てんご) (澄井葵)、吉田琢己



 お問い合わせ : 愛知芸術文化センター・愛知県文化情報センター
Tel. 052-971-5511(内線534)【受付時間:平日9:00−17:30】 Fax. 052-971-5605
E-mail はこちら

主  催 : 愛知芸術文化センター企画事業実行委員会
企画・制作 : 愛知芸術文化センター 愛知県文化情報センター、2011年度アートマネジメント実践講座受講生
助  成 : 文化庁
平成23年度文化庁
優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

このページの上へ戻る